ページ

2008年1月19日

見送り

MacBookAirの購入は、ネット上ではほとんど見送りだ。
しかし実物に触れることは重要なんで、1月末か2月上旬かにはAppleStoreを筆頭に入荷するんだろうから、これ以降で購入意欲も変わってくるんだろう。

30万超という価格からビジネス向け、コネクタ3つや低スペックだけど価格が高い、などの意見が目立つ。
確かにHD版とSSD版で価格差がありすぎるので、HD版は買えるけどスペックが満足いかないし、SSD版は手が届かないというのが大勢の意見の正直なところのようだ。

MacBookAirの現在のCPU仕様、HDやSSD容量からも、スペックアップ版は必ず出るだろうが、半年以内には出て欲しいもんだ。
MacBookとかと同様で、スペックアップして価格も下げてくれるなら、ポチッとするかも。
今でも買いたくてヤバいのに。

一度手を引いた12インチサイズには関心が無いんだろうけど、AppleにはMacBookAirのラインアップ増やすなら12インチサイズのを出して欲しいもんだ。
現在のMacBookAirから5mmくらい太ってもいいけど、重量は必然で数10gは軽くなるんだろうし、ほぼフルサイズのキーピッチもPowerBookで実証してるんだ。

むしろトラックパッドの更新等でMacBookやMacBookProが刷新される可能性の方が高いが、ここにSSDオプションをつければSSD価格の早期低下になったりして、明るい未来になってほしい。