ページ

2007年11月17日

VMware Fusion 1.1 日本語 for Mac

問題なく動いている様子だ。
初代MacBookに、VistaをいれていたBootCampパーティションは削除して、XPHomeを仮想フォルダにインストールしたが、ライセンスキーやドライバ類のインストールは快適でインストール後も言語変換など違和感なく使えている。

PPC時代のバーチャルPCだっけかと同じ様な操作性だが、動作が重くない。
Mac版のDremwaverCS3で作成したWebページはWindows版IEなどのブラウザ表示確認のため、従来はBootCampで確認していたので、Fusionにしてだいぶ楽チンになった。

ホームページを作成していて感じたこと。
ホームページには業界標準という作成基準が設けられているが、IEだけは標準の解釈が大きく違う。
IEに関わる人も、取り入れてほしいハックとして挙げている様だが、それならIE自体を変更しろって。
ブラウザシェアの関係から、自らの解釈が業界標準とでも考えているんだろうが、これがIEの3か4かしらんが延々と続いている状況からして、MSはいきってんなと感じる。

レイアウトのズレが随所で起こるのを何とかしてほしいわさ。